リビング・イン・ピース プロジェクトについて

リビング・イン・ピース プロジェクトはアート、パーマカルチャー、トラベル(旅)、教育の4つの要素から成り立ちます。

プロジェクトを経済的に支える4つのビジネス、ロンゴ・バックパッカーズ、カラメア・ファーム・バッチーズ、カラメア・コネクションにグローバル・ジプシー・ギャラリー。この内のロンゴ・バックパッカーズ、カラメア・ファーム・バッチーズ、カラメア・コネクションの売り上げはリビング・イン・ピース プロジェクトの活動資金として活用します。

それでは、リビング・イン・ピースの4つの要素について一つずつご紹介していきます。

アート

「経済的に成功するアーティストになるには、作品をたくさん買ってもらって知名度を高めないといけない、でも知名度が高くないと作品を買ってもらえない。」こういったジレンマを抱えたままアートをあきらめていく人を見て、「そういうアーティストのサポートをできたらいいな。
という思いからこのプロジェクトは生まれました。「ここ(ロンゴバックパッカーズ)はインスピレーションに溢れた場所ね。私も何か創作したくなった。」というコメントをよくお客様からいただきます。 一人一人がもつ才能、情熱が開花できる場所。アートはリビング・イン・ピースプロジェクトの要です。

教育

もっと環境に優しい暮らしをしてみたい、アーティスティックに自分を表現してみたい、パーマカルチャーを学んでみたい、英語をもっと話したい、などなど。世界40カ国以上から訪れる文化の違った旅人達と一緒に自分達の生活、人生について考え、学ぶ。
アート、パーマカルチャー、サステイナブルリビング(持続可能なくらし)、オーガニック農法などを学べるワークショップを夏(1〜4月)に計画中です。

パーマカルチャー

人間と環境が末永く共存できる農法を唱える、パーマカルチャー(持続可能な有機農法)。自給自足のみならず、お客様に新鮮で旬な食材を使ったお料理の提供、その地域で生産された食材を、その地域で消費する「地産地消」スタイルのレストランを目標に現在、私達の7エーカーの農園を改築しています。

海外旅行は、 人、ファッション、アート、言語や食など、違った文化にふれ自分の視野が広がり、人として成長ができる最も有効な手段だと思います。私達が運営する宿泊施設、ロンゴ・バックパッカーズ、カラメア・ファーム・バッチーズ共に、泊まりに来てくださるお客様へ「観光」を越えた貴重な人生経験ができる「旅」を提供できるよう日々努力しています。リビング・イン・ピースプロジェクトの要素の一つでもある「旅」はこういった思いから生まれました。